児童買春で逮捕?

前回の記事で、私は相手の女性が未成年とは知らず、神待ちサイトで知り合い、性行為に及んでしまった。
そしてその後、未成年ということを明かされ、口止め料を払わされたというお話をしました。
私はこの出来事から、
未成年者と関係を持ち、相手が警察などに話を持っていった場合はどうなるのかが不安になり調べてみました。
調べ終わったときには、口止め料だけで済んで本当によかったと心底ホッとしていました。

 

なぜそんなに不安になったのか…

 

神待ちサイトや神待ち掲示板は、建前は「寝るところや食事がない女の子たちを救済してあげてください」と言うものです。
一番最初の記事でも述べた通り、寝るところや食事をさせてあげたとしても見返りというのは期待できないものです。
ましてや男性は性行為ができると思っていると思いますが、それも大違いです。

 

もし性行為が出来たとしてもこの行為が後々、
法律が絡み、自分がどうなっていくのかを知っておかなければ大変なことになります。

 

まず最初に述べておきたいのが、サイト側は特に見返りについては全く触れておらず、
あくまで「提供してあげてください」そういう姿勢です。
なので管理売春にはあたいしないのですね。

 

では、私たちの方はどうでしょう。
相手が18歳未満でなければ売春防止法で問われるものはなさそうです。
しかし、それは相手が18歳未満でなければの話です。

 

私が体験したように、もし相手が18歳未満だったらどうなるのでしょう。
18歳未満と関係をもってしまった場合、児童買春の法律に引っかかってしまう可能性が大です。
また、その法律にひっかかってしまった場合、
「5年以下の懲役、または500万円以下の罰金、またはその両方」が科せられることになります。
さらには、18歳未満の児童を売春してしまうと、児童福祉法違反や青少年保護育成条例にも
当てはまってしまうことも大いにあり得ます。

 

もしそうなってしまった場合、私たちはどうなるのでしょう。
もちろん前科が付きます。
そして、18歳未満の児童を売春したと勤務先に知れてしまうので確実に職をなくします。
中には、今住んでいるところを離れ、新しい土地での新生活を試みる方もいるようです。

 

児童買春で罪に問われたときの印象は非常に悪いです。
仕事、大切な人、友人の全てをなくしてしまうと言っても過言ではないでしょう。
そんなリスクを背負いながら神待ちサイトを利用するかしないかはあなたが判断することです。

ホーム